作者別: admin

個展「呼吸する部屋」

このたび、わたくし吉開菜央はAI KOWADA GALLERYで個展を開催いたします。テーマは「呼吸」。上映作品は、第19回文化庁メディア芸術祭で新人賞を受賞した、映画『ほったまるびより』や本展初公開の新作『静坐社』を含む、全四作品(約60分)をオムニバス形式にて上映いたします。

 

上映プログラム一覧

Some rules in the morning/3分26秒/2011

I want to go out/6分55秒/2014

ほったまるびより/37分11秒/2015

静坐社-Breathing House-/12分12秒/2017

上映時間 14:00-/15:00-/16:00-/17:00-(上映の途中でもご入場いただけます)

 

会期中 シンポジウム 「映像と身体」

日程 :              12/24(日)15:00 – 17:00

会場 :              3331ArtsChiyoda1F「ラウンジ」

パネリスト :    吉開菜央(ダンサー・映像作家)

OJUN(美術家・東京藝術大学絵画科油画 教授)

桂英史(メディア論研究者・東京藝大映像研究科教授)

関かおり(振付家・ダンサー、関かおりPUNCTUMUN主宰)

進行役:            山内宏泰(ライター)

入場料:            1000円(ご予約不要、当日直接会場までおこしください )

 

新作『静坐社』について

2016年、3月。ある重要な家が取り壊されるので、映像として記録に収めてほしいという依頼を受け、わたしは京都に向かいました。その家は大正時代に流行した健康法「岡田式静坐法」を京都で広めていた歴史の深い場所なのだそうです。わたしが静坐社に着いたころにはもう引っ越し作業真っただ中で、これまでこの家に住んできた4世代分の人々の物で溢れかえっていました。引っ越し作業を手伝う傍、わたしはその家を撮り始めました。窓から入る陽の光、書物、手紙、写真、家の周りを通り過ぎる人々の生活音、家具につもったほこり、蜘蛛の巣。これらのものが全部合わさって、古いひとつの家がありました。

「岡田式静坐法」というのは、岡田虎二郎氏が発案した、呼吸を整えながら30分間静坐するというヨガや座禅に近い健康法です。ヨガも、座禅も、静坐も、その時間を過ごす上でどう呼吸するかが非常に重要になってきます。呼吸は、唯一人間が自分の意思でコントロールすることができる身体内部の働きです。静かに座ることで、みえてくるもの、きこえてくるものはなんなのか。はたしてそれで人は救われるのか。静坐社に残っていたメモをみて、わたしは改めて、古くから人が平穏な精神を求めて試行錯誤をしてきた歴史を、とても尊く感じました。

こうしたやり方で作品を制作したのは初めてのことですが、現実にあった出来事に向き合って、私なりのやり方でそれをまた編集しなおして、この作品は生まれました。いうなれば静坐社にまつわる呼吸ファンタジー、といえるでしょうか。

振り返ってみれば、過去のわたしの作品には「お腹」と「呼吸」というモチーフが繰り返し出てきたことに気づきました。それは体力がありそうに、健康そうにみえて実は割と打たれ弱い自分の身体を、作品制作を通じて鼓舞してきたような、生まれ持ったこの身体でもってこの世に折り合いをつけるために、撮影し、編集し、からだにまつわる物語を生み出すことで発見したことが作品になっているのからなのかもしれません。全てのからだの動きは、呼吸とともにあり、そのからだから生まれてくる情動のようなもの、を感じていただければと思います。

今回、このような個展の機会をくださった小和田愛さんに感謝するとともに、この上映展示を通じて、多くの方にお会いできることを楽しみにしています。

 


ホワイトレオターズ、はじまる!

ずっとやりたいと思っていた企画、ヨガ動画の企画はじめます!

完全に非営利の慈善事業です。

インスタグラム、facebook、tumblr、一部youtubeでもみられます。

[instagram] @whiteleotards

メンバーは、わたし、黑田菜月(撮影)、後藤ゆう(出演)の3人でやってます。

世のひとびとの健康を願って活動する、ホワイトレオターズです!

定期的に情報発信していくのでどうぞよろしくおねがいします。


【水曜日のカンパネラ×JRAダービー東京競馬場配信生ライブ】 振付しました。

振付しました。コムアイさんを筆頭に、みなさま素晴らしいチームでした。

そこに17人のダンサーズとさらにこの試みを盛り上げるために関われて光栄です。

振付に関していうと、実は事前に監督さんとも打ち合わせしてもっと踊る振付をいろいろ考えていたけれど、リハでコムアイさんと初めてお会いして、彼女のキャラクターや世界観がかなりはっきりしていて、彼女自信が「ユタ」に対してやりたい案もたくさんあった。会うことでそれを感じることも多くて、そういうコムアイさんならではの特性をもっと生かしたものにしたいなと、考えが変わりました。ちなみに「ユタ」冒頭のダンサーズの演出はコムアイさんの案です。ダンサーズは、「森でいきなりばったり出会った鹿の群れ」なのです。それに導かれるようにしてウィナーズサークルへ。本番2日前にして、一度アイデアをリセットして向かったこのプロジェクト。リハ時間も限られているということで、一糸みだれぬ完璧なショーよりも、生中継ならではのライブ感、その場でしか起こらないことが生かせる場を、ダンサーズの肉体群でつくれたらいいなと思ってやりました。細かいところを打ち合わせていなくても、主役が自然にそこに行きたくなるような、群のなかに入ったら楽しくなっちゃうような陣形。うまくできたかなあ、でもコムアイさんがとても生き生きしていた!と思う。一度見たら目が離せなくなる女性ですね。


「大人の言うことを聞け」MV監督・振付(助手は泊麻衣子)しました。

https://youtu.be/Tohr3D3a_1Y

 

Nakamura Emiさんの楽曲、「大人の言うことを聞け」MVの監督・振付をしました。

振付助手はフラレガイガールからお世話になっている泊麻衣子です。今度から改名するらしく、泊舞々(とまりまいまい)になるとか。プロデューサーはクロマニヨンの菅井さん、小林さんにもお世話になりました。直前までロケ地が決めきれず、お二人には大変親身になって相談に乗ってもらいました。スタイリストはSHIROさん、ほぼ一週間であの五人の衣装を仕上げてくれました。当日は強風でみんなスカートめくれまくってましたが、スカート丈がグラデーションのようになって可愛かったなあ。カメラマンは大石優さん、撮影当日のわたしのあれもこれも撮りたい病に根気よく付き合ってくれました。メイクはMIKAさん、特殊メイクも担当してくださっています。キャスティングはMASA(フォーチュンアイランド)さん、MASAさんはダンスの先生でもあったので、みんなの動きを揃えるのを手伝ってもらいました。本当に助かりました。

Emiさん自身も大変可愛らしい方で、情に厚く、編集が終わってからお手紙をいただいたりして、そんなことは初めてだし、人からちゃんとした手紙をもらうのも久しぶりだったのでえらく感動しました。

 

準備期間ほぼ一週間という短い期間ながら、ぎゅっとしてずんずんとなんだか前向きな気持ちで取り組めたお仕事でした。

それもこれも、楽曲が明るいからでしょうか。歌詞は最初見たときびっくりしたけれど、こんな曲に乗って歌われると聞いちゃう。

 

ちょうど自分自身も、似たようなこと、あとすこしで20代が終わるけれど、それまでがなんだかやいのやいのと華だ、金だ、黄金時代だとまわりに世間にはやしたてられてきた年代だったけれど、むしろここからのほうが長いんだよな、映像みたいに、わたしの各年代の姿を並べてみたら、今のわたしはまだうしろから三番目くらいなもので、ここからのほうが長く、そして日本全体もここからのひとのほうがよっぽど多い。だからこそ、ここからのひとが楽しめるものが、はばひろく生み出される世の中になりますように。

 

撮影日、風が強かった。強かったけれど、2月末なんてこんなもんかと、むしろパンツみせながら、盛大に風を受けた女たち!な映像です。


『ほったまるびより自家製4DX』in 名古屋

ほったまるびより-O JUNと吉開菜央 Part2 –画家の三日間とほったまるびより自家製4DX公演–
日 時
2017年3月3日(金)、3月4日(土)、3月5日(日)
会 場
旧・名古屋税関港寮 (〒455-0036 名古屋市港区浜2-4-10)
料 金
各日1,000円(1ドリンク付・自由席)
未就学児無料(予約時にお知らせください)。
企 画
Minatomachi Art Table, Nagoya [MAT, Nagoya]
主 催
港まちづくり協議会
協 力
アッセンブリッジ・ナゴヤ実行委員会、CaRTe bLaNChe、Mizuma Art Gallery
http://www.mat-nagoya.jp/exhibition/2083.html

ちょうど去年のいまごろ、節分の日に、六本木スーパーデラックスで自家製4DXをやらせていただきました。

今年は3月3日、雛祭りの日にふたたび、今度は名古屋で上演させていただける運びとなりました!

なんと今回は3回公演で3日から5日まで上演します。自家製4DXというだけあって、特殊効果は全部人力でなまものなので、一回一回気合が入ります。それを3回もやるのだから緊張もひとしおです。

名古屋の港町、元税関寮のスペースを使って行われるのですが、もともと劇場ではなかった場所なのもあり、一から舞台をつくっています。でもだからこそ、普通の劇場では絶対に見られないパフォーマンスになりそうです。そんなことができるのも、MAT名古屋のみなさまのおかげです。

名古屋での上演にともない、出演してくれる女性ダンサーも大募集します!

近日中に詳細をアップしますので、3月の1日(リハ)3日〜5日(本番)都合つくという方はぜひに!


さユり 「フラレガイガール」MV

フラレガイガール、監督しました。

RADWIMPSの野田洋次郎さん作詞作曲の失恋ソング。

さユりさんというシンガーソングライターの方が歌っています。

主演は田中真琴さん。

ダンサーは、泊麻衣子、矢吹唯、菅原理子さん。

振り付けはほぼ泊麻衣子。ありがとう。

人形や部屋などの美術全般はTASKOの加藤小雪ちゃん。

スタイリストは高山エリさん。カメラは塩谷大樹さん、照明は前島さん。編集は杉山さん。

制作会社はシンカーです。

 

失恋という明確なテーマがことばで赤裸々に表現された歌だったので、映像はどこまでどうしよう、?と最初は戸惑いましたが

自分も経験したことのあるいつかどこかのあの大事件を思い出しながら、想像をふくらませていきました。予算もすこしふくらみつつ、、

全部なまもので盛大にやらせてもらいました。この時代に、そんなことを、ありがとうございます。

 

https://youtu.be/DT3XQ-FNUdE

 

 

 

 


踊りながら、モデルをしました。

踊りながら、モデルをしました。友人の横山彰乃(ダンサー)もいます。

撮影は茂木モニカさん。

彼女とは、全くべつの撮影現場で一度お会いしたことがあったので、再会して仰天。

フィルム撮影なので一本は36枚で、撮り終えたら巻き替えです。

ディスプレイで確認もできないので、どんなふうに見えているのか全くわからないまま

好き勝手にうごかしたよ手足。にじみでる緊張感。年相応の肌質。そのまんまに写るなあ、見事。

木造の和室で半分英語のモニカさんにテンションあげられながらバシバシシャッターをきられる時間は、とても刺激的でした。

http://www.twofour-seven.com/dancing_in_the_lazy_afternoon/

0