カテゴリー: hottamaru・days

MAT Exhibition vol.4「ほったまるびより-O JUNと吉開菜央」

名古屋で展示させていただきます!!

人も、場所も、なんだか不思議なご縁を感じる名古屋港で、展示させてもらえることに感謝です。

名古屋でもまた新しい出会いがあることに期待して。8日はオープニングパフォーマンス、9日はO JUNさん、島敦彦さんとトークします!!

http://www.mat-nagoya.jp/exhibition/1218.html

重ねた状態1


ほったまるびより自家製4DX上演 in スーパーデラックス

2016年2月3日 スーパデラックスで、夕方頃から、「ほったまるびより自家製4DX」を上演します。

映画・パフォーマンス・特殊効果を組み合わせた「踊る映画」の上演です。

ほったまるびよりの光や音、香りが、スクリーンから溢れ出ます。

ぜひぜひ、きてください。

http://festival.j-mediaarts.jp/event/638

IMG_2044


韓国で、ほったまるびより自家製4DX!! hottamaru・days 4DX in Seoul

2015.11.17

韓国のソウルで、「ほったまるびより自家製4DX」上演してきました。

映画ですが、上映ではなく上演だというところがポイントです。

今年の2月に八戸の展示でふと思いついて、クライマックスシーンでわたしも踊ってみたのがきっかけでした。

今でもよく覚えているけれど、最初の八戸でのわたしの上演は頼りなくて、足元もぐらぐらしていたと思います。

それでも振り返ると、愛しい踊り子たちがスクリーンのなかにいて、!一緒に踊ってるよー!と気づいてめちゃくちゃ楽しくなりました。

展示そのものも泣くほど大変だったし、お金もないし、寒いし、からだ痛いし、な状況でしたが、そういうときこそ動けます。

ああやって暴れているときが一番愛に溢れているとおもいます。やる度に命が削れていくのがわかります。

 

今回、韓国では二度目の上演でした。9月台湾、10月韓国、11月また韓国と、やる度に良くなっていると自負しています。

次はぜひとも日本でやりたいです。防音さえしっかりしている環境であれば、どこでもできるのです!!

主催のナクヒュンが、わたしの写真を無断でポスターにしてくれていました。瞬間画のパワー。実際はもっと怪獣に近いかもしれません。

unnamed


シブカル祭2015でほったまるびより4DX!!

10月18日13時から
パルコパート1の3階、パルコミュージアムにて!

ほったまるびより自家製4DXを、後半の15分だけ特別に上演します!
ぜひ来てください。

またミュージアムではわたしの映像作品の展示もしています。

 

少し前に行った「ひかるどうぶつえん」でのパフォーマンス映像などを特別に公開しています。

ひかるどうぶつえんでは奇跡が起きました。

生き物の境界線がとっぱらわれるような、そんな体験をしました。

こちらもお楽しみいただけたらと思います。

http://shibukaru.com/event/1744/


イメージフォーラムフェスティバル2015で、「ほったまるびより」が上映されます。

ほったまるびよりはFプログラムで、東京では二回上映があります。

日程 5月1日 16:15~

5月4日 16:15~

場所 パークタワーホール JR新宿駅最寄り

http://www.shinjukuparktower.com/access/

 

京都でも上映があり、こちらは一回の上映です。

日程 5月20日 16:45~

場所 京都シネマ

http://www.kyotocinema.jp/map.php

 

萩原朔実さん、YUKA SATOさん、かわなかのぶひろさんの作品と併映になります。

 

 


青森県八戸で行われる現代アートの展覧会に「ほったまるびより」を展示上映します。

青森県八戸で、彫刻や油画などの作品に交じって、「ほったまるびより」も展示上映させていただきます。展示スタイルで上映するのは初めてですが、やはりいつものように、可能な限りの大音量大画面で上映させていただきます。会場は古くからある酒蔵なので、木造です。木をみしみしと震わせて、その会場中に、踊り子たちの息遣いを轟かせています。1月25日に行われたアーティスト・トークでは、ほったまる集めるところから太鼓のシーンだけ再生して、映像の前でパフォーマンスもさせていただきました。寿命を削らんばかりに振り絞った今年の初踊りで、良いスタートが切れました。踊っているとき、たまに後ろを振り返ると懐かしい踊り子たちがいて、一緒に踊ってるよーとか思うと興奮してきてしまって、後半はずっと半笑いでぜえぜえ言いながらバウンスしていました。今回八戸に来なければ出会えなかった作家さん、スタッフさん、お客さんには本当に感謝です。

http://incidents-hachinohe.jimdo.com/