カテゴリー: news

新作映画『梨君たまこと牙のゆくえ』が京都国際映画祭で10月14日に上映されます。

なんだかんだ京都に縁があるなあと思うこのごろですが。今月14日に京都で新作の上映があります。
思い返してみれば、ちょうど、自分はどうして「食べものをつくる人」ではなくて「映像をつくる人」になっているのだろう。
と、いわゆる自分自身の「生産性」について疑問に思っていたころに、この企画が動き出しました。
農業をテーマに、わたしなりに咀嚼してみた作品です。
どんな形であっても、だれかがしたこと、つくったものが、めぐりめぐってだれかのもとへ届き、影響を及ぼすというのは
それが生産的かどうかにかかわらず、生き物っぽい、地球で起きているかんじがするなーとしみじみ思います。
(バタフライ効果みたいなやつでしょうか)
映画の編集も、まったく無関係だと思っていた動画素材が、タイムラインに並べてみたときに予想もしない繋がり方でひとつになってしまうことがあります。わたしにとってはただただそれが面白く、撮影前の準備段階で制作者の頭の中にしかなかったものからひとつ飛び出て、とある世界が出来てきましたね。という気持ちになります。
それが、いわゆる人間の裁量ではかれるような良い世界なのか悪い世界なのか、梨君たまこと牙はいったいどこへいくのか・・・
京都で上映されることは決まっているので、お近くのみなさまには、ぜひ見届けていただけたらと思います。

http://kiff.kyoto.jp/film/detail/142

出演:後藤ゆう、木村舞輝、中西哲夫(笑い飯)、レイザーラモンRG、歩りえこ、加藤アプリ

製作:泉正隆、奥谷達夫
プロデューサー:坂本直彦、澤礼子
制作プロデューサー:駒木剛
脚本:高橋知由、吉開菜央
撮影:Koh Terai
照明:加藤大輝
美術:加藤小雪
音楽:渡邊琢磨
録音:桐山裕行
衣装:池田清志、吉開菜央
ヘアメイク:水野真里、浜本誠也
オンライン編集:都大輔
題字・グラフィックデザイン:畑ユリエ
タイトルアニメーション:東方田圭伊
制作担当:阿部慧
空撮・撮影助手:亜門龍
撮影助手:関類
録音助手:寒川聖美
美術助手:小森あや、加賀谷静
ヘアメイク助手:杉本端希
音楽協力:濱野睦美
編集協力:齋藤俊太
協力:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
あなたの街に住みますプロジェクト
エリアマネージャー 森田耕司
プロダクション協力:4-3-3
特別協力:ひかりTV
後援:湯梨浜町


イメージフォーラムフェスティバル2018に『風にのるはなし』がノミネートされました。

http://www.imageforumfestival.com/bosyu2018/jp.html

今年から東アジアエクスペリメンタルの映画祭としてパワーアップしたとのことで、そんななか選ばれてとても光栄です。わたしが尊敬する山城知佳子さんの作品『土の人』もノミネート作品に入っていたりして、すごいラインナップのなかにあるなあと、改めて感謝です。たくさんの人に協力してもらって、迷惑もたくさんかけて、それでもなんとか完成した作品だから、ちゃんと発表の機会に恵まれるのは、ありがたいです。広めてきます!!


ニューヨークの映画祭JAPAN CUTSにて2017年の新作3本上映されます。

NYの映画祭JAPAN CUTSで2017年の新作3本が上映されます。

– 7/25『みずのきれいな湖に』を河瀬直美監督『RADIANCE』の前に上映
– 7/27『静坐社』『風にのるはなし』を実験的短編プログラム内で上映、Q&A

http://www.japansociety.org/japancuts

ゲストには樹木希林さんや、斎藤工さんなど、俳優さんもたくさん出席されるそうで、このサイトの最初のページに自分の写真が載っているのが衝撃です、、。(写真は黑田菜月さんに激写された耳の穴に指をかけたまさにその瞬間の一枚)
ニューヨークに住むいろんな方と、お会いできるのを楽しみにしています。


新作に《Grand Bouquet / いま いちばん美しいあなたたちへ》について、ひとつお知らせがあります。

ICCでの展示、昨日からはじまりました。これから来年の3月10日まで展示上映されます。

ご来場いただいたみなさまには全身でこの映画をお楽しみいただけたらと思いますが、ひとつお伝えしておきたいことがあります。

本作品の体験の強度や与える印象に鑑み、本展担当学芸員と作家およびNTT研究所との協議により、3シーンほど、黒み、およびボカシを入れて上映することになりました。つまり、画の表現として過激すぎるため、そのシーンの画は黒みにして音と触感だけを残しています。

ICCで上映するためには仕方のなかったことですが、体験してくださるみなさまには、出来れば黒みを黒みとして受け取らず、その暗がりの向こうにはなにか画が潜んでいることを、音と触感から、イメージを膨らませてほしいです。実は、物語が次の段階へ移行するとても重要なシーンだったのです。ひとつ言えるのは、誤解を受けやすいかもしれないけれど、この作品は間違いなくハッピーエンドだということ。あのラストにいくまでに、一体どんな展開があってああなったのか、今回はそれぞれのストーリーが膨らめばいいなと思います。

そして、次にどこかで完全版を上映できる日がきたら、そのときはまたぜひお会いしましょう!!


新作《Grand Bouquet / いま いちばん美しいあなたたちへ》公開します。

6月2日から初台にあるICCで、新作《Grand Bouquet / いま いちばん美しいあなたたちへ》公開します。

まずはこの映画の撮影、ポスプロ、および展示に関わってくださったすべての方に感謝いたします。

今回の新作は、画と音の総合芸術である映画に、さらに触感がつきます。大スクリーンも、6つのマルチチャンネルスピーカーもハプティクスデバイスも、すべてたったひとりの鑑賞者のために設計されています。この物語を、鑑賞者にどう「体験」してもらうかに一番重きをおいた結果、コスパも効率も超度外視した、特別な、この世にただひとつだけの映画館ができあがりました。

ぜひ、この映画という生き物に会いにきてほしいです。

注)この作品は,お一人様ずつでの体験のため,一日にご案内できる人数には制限があります.会場では整理券発行による予約制で順次ご案内していますが,ご来場の時間によっては,ご体験いただけない場合があります.なお,小学生以下のお子様はご体験いただけません.

http://www.ntticc.or.jp/ja/archive/works/grand-bouquet/

 

《Grand Bouquet / いま いちばん美しいあなたたちへ》

あらすじ

非力な個でしかないひとりの「人間」が、自分より遥かに巨大な力を持つ「黒い塊」と真っ向から対峙する物語。「黒い塊」は女に一方的に問いを投げかける。女はそれに対して答えることばは持っているのに、声に出して答えることができない。追い詰められた女は、声を出す代わりに、口から色とりどりの美しい花を吐き出してしまう。吉開菜央というひとりの未知なる身体から生まれた、アクションヒューマンホラーフィルム!!乞うご期待です。

 

 


2018年5月23日(水)池袋シネマ・ロサで特集上映があります。

5月23日に吉開菜央の過去作から2017年新作も含めた特集上映を開いていただきます。

「大和カリフォルニア」の宮崎監督にセレクトしてもらって実現した今回の特集上映。

題してシネマ・レガシーvol.1 監督 宮崎大祐セレクション

当日は宮崎監督ともトークします。

わたしの作品は短編がほとんどなので、今までつくってきたものをどりゃーっとほとんど並べて、長編尺(70分?)くらいになります。

わたしのここ最近の5~6年。20代後半の人生そのものを、詰め込んで上映します。

2017年につくった新作も、一挙に3作品全部公開しますので、ぜひ観に来ていただきたいです。

真鶴でロケ撮したシティサイクリングファンタジー、京都の取り壊される建物の最後の吐息を収めた建築身体ドキュメンタリ、北海道の支笏湖で小暮香帆が踊ったダンス・フィルムなど、2017年にはなんと3本も新作をつくってしまった。どれも、不思議な縁とタイミングが合わさってつくらずにいられなかった作品です。

つくり終えれば過去のことになってしまうけれど、それらは確実にわたしの血と肉となって、今に繋がっていて、そうした布石になった作品たちを劇場のスクリーンで解き放って、あのときの景色、あのときのテンションをだれかの身体に蘇らせることができるかもしれないってのは、とてもわくわくする儀式ですね。

映画館での上映というのは。

 

吉開菜央特集上映プログラム

「ホワイトレオターズによる上映前ストレッチ」

「みづくろい」

「自転車乗りの少女」

「ほったまるびより」

ー2017年の新作一挙3作品大公開!!ー

 

http://www.cinemarosa.net/lateshow.htm

上映作品・上映スケジュールなど詳細は近日掲載いたします

特別料金:当日1300円均一 リピーター割引:1000円(半券提示にて)
前売鑑賞券の発売ならびに上記以外の割引はございません