特設ホームページ https://naoyoshigai.com/dancing-films

監督コメント

映画をつくりはじめて約10年。映画に出会うまではわたし自身ダンサーで、自分のからだ、身ひとつで踊ることで精一杯でした。けれども映像を撮影し、じっくり見て聞いて編集することで、自分の身体の内側も外側も、世界は踊りに満ち溢れていることを発見しました。作品をつくるたびに、自分の身体が作り変えられて、あらゆるものと繋がっているのだということを実感します。この感覚は言葉になる前の感情のようなもので、わたしはそれを情動と呼んでいるのですが、ぜひ一度、情動で紡がれる物語を実際に体感していただいて、あらたな眼で、世界を再発見してもらえたらうれしいです。