NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)での展示のこと

時間が経って、展示も終わり、自分が未だに納得できないこと、怒りを覚えることがなんなのか、冷静に考えられるようになってきました。書き残しておきたいと思いました。

(事前にひとつ付け加えておきたいのですが、今回作品を展示させてもらったICCはNTT東日本の管轄にある施設です。作品の企画・制作をサポートしてくれたのは、触覚技術を研究しているNTT基礎研究所です。このふたつは別の組織であり、本来であればお互いに干渉する権限はないそうです。今回の作品は、NTT基礎研究所の触覚技術の提供と、サポートなしにはつくれませんでした。作品をつくる機会をいただけたことにとても感謝しています。)
 
 

ICCで展示されていたわたしの作品《Grand Bouquet / いま いちばん美しいあなたたちへ》は、展示オープン5日前になってはじめて、この作品が公開不可能なほど、NTTインターコミュニケーションセンター(ICC)の親会社であるNTT東日本広報部から苦情のご意見がきていると今回の展示作品をキュレーションしている、ICC学芸員の畠中実さんから報告がありました。

わたしはこの作品の内容に関して、事前に脚本はお渡ししていました。展示の3ヶ月前、まだ撮影前の時点でした。脚本を見せたのち、数日後に、facebookのメッセンジャーでメッセージがきて、ある1シーンに関して、「NTT的にこのシーンはNGかも」と言われました。NTTのだれがNGと言ったのか、なぜなのか、それについては知らされませんでした。

 

NGと言われたシーンが、具体的にどういったシーンかというと、主人公の指が、自分よりも圧倒的に強い存在である黒い塊の暴力によって、折れてしまうという描写です。

わたしはそのとき、NTT的に指が折れる表現が、なぜ、どういった理由でだめなのか誰からも聞かされなかったので、問題視されたシーンを入れる理由、作品のコンセプトについてお伝えし、現段階でわたしがこのシーンを省くことはできないということをメッセージで伝えました。それからなんの返答もなく、話し合いも行われなかったため、予定通り全てのシーンの撮影を終えました。

予算と時間の問題で、期限内に作品が完成するのか、現場に作品を設置できるのか危うい橋を渡りながらでの製作でしたが、展示空間に落とし込み、はじめてようやくその作品の体験の一片が見え始めたころ、それは、展示オープン5日前のことでした。

学芸員の畠中さんに呼び出され、「この作品が、公開できないほどNTT職員の非難にさらされている」旨の報告を受けました。

その場で直接、NTT東日本広報部、ICC職員から集めたといわれるご意見リストを見せられました。内容について、メールで転送してほしいとお伝えしましたが、なぜかそのご意見リストは決して転送されることがなかったので、わたしが覚えている範囲で書き記しますが、一番驚いた意見は、下記でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NTTは会社として、いいものをつくっているというイメージで世間に見られたいので、ホラー映画のような不快なものは会社の施設で展示するには相応しくない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

他にも、オリンピック、パラリンピックを控えている東京で、指のない障がい者への配慮に欠けるような表現は好ましくない、であったり、花を吐くシーンがあまりにもリアルで、不快である。不快な作品は展示すべきでない。主人公の女性の目のアップなど、緊張を高められる表現は過激でよくない。等々。

事前に聞かされていた、指が折れるシーンだけでなく、作品全体の表現が、否定されていました。明らかに、作品を公開するなと伝えているようなものでした。どれだけこの作品が不快で極まりないとNTT職員の方々は思っているか、たくさんのご意見が箇条書きでまとめられていました。

このご意見を書いた方にとって、一作家がその作品をつくるまでの労力や、熱量は、会社のわかりやすいイメージアップにつながらなければどうでもいいのでしょう。ICCは、そういった方が認めた作品だけを展示しているスペースだということがそのときわかりました。そうした施設を美術館と呼んでいいのでしょうか。ご意見を言えばそれが通されるような会社のトップは、自分の地位を守りたいがために、いまのキャリアで失敗しないことが一番大事で、自分の所属する会社で展示する作品の価値や力は、鑑賞者のためのものではなく、自分にとって都合よく使えるものにしか、理解できないようでした。ICCは、そうしたトップからのご意見を受け入れてきたから、今も続けられているということも、畠中さんから聞かされました。

けれどもわたしが今でも納得できないのは、そもそも最初に問題にされていた指が折れるシーンについては、畠中実さん自ら、NGを下したということでした。理由は、展示3日前ほどになってようやく直接教えていただきましたが、指が一本ない、4本指という表現は、日本では「同和問題」で訴訟になるケースが多かったからだそうです。部落差別される人のことを、人間以下の存在と揶揄して、4本足=「4本指」と呼ぶ歴史があるのだそうです。最近ではあまり聞かなくなってきた問題ではありますが、過去には手塚治虫のキャラクターが4本指だったために5本指に書きかえられたりした例もあるそうです。そして、「同和問題」をネタにして、自分はそうした被害を受けていないのに、嘘の訴訟を起こす輩も最近はいるから注意しなくてはならないのだと言われました。

今でも疑問に残るのは3つの点です。

ーーーーーーー

わたしの作品では、指一本だけでなく、親指以外全て折れてなくなる表現でした。そもそも4本指にはなりません。けれどもなぜ、「同和問題」訴訟および詐欺訴訟へのリスク回避をしなければならなかったのか。

なぜ、撮影前に直接、畠中さんからわたしへの詳しい説明および話し合いの時間が設けられなかったのか。

○今回の展示の学芸員である畠中さん自身がそもそもNGだと思っていた表現を、上層部にどのような言葉で伝え、なにを確認しようとしたのか。

ーーーーーーー

けれども問題の渦中にいるとき、わたしはここまで冷静にものを考えられず、そのことについて聞くことができませんでした。

なぜなら、作品の公開を中止するか、ICC側の条件を飲み、不本意な展示方法でも展示するか、その二択を迫られていたからです。決断までに残された時間は、わずか4日間でした。その4日間の間に、作品を現場で完成させることもしなければなりませんでした。スタッフの方と試行錯誤して完成に向けて作業を進めながら、わたしは、この作品が公開できないかもしれないという巨大な不安をひとりで抱えたまま、けれどもどんどん面白みを増してくる作品に対して、公開の希望を捨て切れませんでした。

公開できなければ、これまで、たくさんの時間をかけて、満足いくギャランティを渡せなくても、未だ体験したことのない作品を実現することに、夢と誇りを持って戦ってくれたスタッフの人に、あまりにも申し訳が立たないと思いました。そして私自身、この作品が公開できない未来はあまりにもひどいと、ショックを受けていました。

いまでもなにが正解だったのかわかりませんが、0よりもなにかしらを公開したほうがいいと思って、どうしたら、普段は「レヴェナント」や「死霊のはらわた」を映画館で観ているICCスタッフの人たちを説得できるのか考え、伝え、話し合いを重ね、作品は、黒み入りですが公開することはできました。

けれども、当初畠中さんがNGだと思っていたシーンよりもたくさんのシーンが黒く塗られました。それらのシーンは、物語の流れにおいて、そのメッセージ性において、重要な役割を持つシーンでした。そのシーンがなければ、映画の物語は成立せず、ただ、「スゴイ」ものという印象になるだろうと思います。

展示公開前に、コミュニケーション技術を発展させてきたはずの会社が、作品でもって世に問うて、人々のコミュニケーションを促進する前に、会社の責任逃れのために公開中止を示唆してきたのはとても残念なことです。けれども一番最悪な結果、公開が中止になっても、誰かが責任を取らなければいけなかったようで、今回のわたしの対応は、ICC責任者の方にとっても大変満足のいくものだったと思います。

けれどもわたしは、最近ことあるごとに、こうした問題を思い出します。企業が勝手に世間に配慮して、作品の枝葉を狭めていること、隠していても、問題の解決にはならないし、もっとおぞましい表現や映像が、なんの志もなく、ただ人を傷つけるため、自分の欲求のはけ口のためにインターネットには流れているのではないでしょうか?

人間にはそうした醜い側面があること、皮一枚剥げば、ぞっとする臓器があること、もちろん見たくない人に見せる必要はないけれど、観て、知る覚悟がある人にはそれを見せられる、そうした作品を作る自由は大事にされていいと思います。

わたしの作品はそもそも一般に公開する前に、議論になる前に、鑑賞者とのコミュニケーションを断絶されたので、実際の作品を観ていない限り、なんの議論もできないと思います。

そのこと自体にもいまだにずっと、怒りを覚えます。

作品を通して議論することはできないけれど、この出来事に対して、わたしはまだ色々な方と話し合いたいと思っています。
 

Pocket

TOKAS本郷にて「霞 はじめて たなびく」展に参加しています。

寒さでぎゅっとしまった身体があたたかな陽光にいざなわれ、ゆるゆるとゆるみはじめてきたこの春に、佐藤さん、西村さん、お二人の作家さんと展示できて、とてもうれしいです。お二人の作品を観ること、お話を聞くことで、いままで自分がやってきたことに通ずることを発見し、より力強い説得力のようなものを得られ、さらにその先に枝分かれしていく可能性を予感することができました。この出会いは春だからこそ、なのかもしれません。
いつもながら、わたしの展示の音響設計をしてくれたのは、堤田祐史さんです。展覧会に呼んでくれた鬼頭さん、展示を支えてくれた大島さん、チラシをデザインしてくれた杉原さん、TOKASのスタッフ、設営に関わってくれたスーパーファクトリーのみなさん、ありがとうございます。
 
会 期:2019年02月23日(土) – 2019年03月24日(日)
休館日:2/25, 3/4・11・18
時 間:11:00 – 19:00
入場料:無料
主 催:トーキョーアーツアンドスペース(公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都現代美術館)
協 力:イムラアートギャラリー、カヨコユウキ
会 場:トーキョーアーツアンドスペース本郷
アーティスト
佐藤雅晴
西村 有
吉開菜央
 

Pocket

柴田聡子『結婚しました』MV監督しました!!

柴田聡子さんニューアルバム「がんばれメロディー」のなかの一曲、「結婚しました」のMVを監督しました。大変といえば大変なこともたくさんあったけれど、こんなに笑いが満ちてくる撮影近年あっただろうかという、楽しすぎる撮影でした。それもこれもすてきに明るいメロディーをずっと聴き続けてイメージして、撮影中もずっと口ずさみ、せーのでみんなで踊っていたからなんだろうと思います。美術デザインは柴田さんご本人にやってもらいました。お星様を、ヒトデにならないようにつくるのが至難の技だったそうです。ラミ子さん、貝和さんも、美術の制作のお手伝いをしてくれたのだそうです。(多謝!)カメラマンは最近よくお願いするKoh Terai。お嫁さん役は後藤ゆうさんです。照明は加藤大輝さん。(実はこの3メンツは『梨君たまこと牙のゆくえ』チームでもあります。) 黒子を全力で楽しんでくれたのは、造形大の生徒さんで、脇田楓人さん、桑原咲羽さん、中山輝さん。素敵な衣装を提案してくれたのは神田百実さん。
https://youtu.be/JbUsCeA-css

Pocket

映画館、上映情報。

http://geidai-ram.jp/prog-ram/rampractice/1113/
東京藝術大学大学院映像研究科が実施する「geidaiRAM2(メディアプロジェクトを構想する映像ドキュメンタリスト育成事業)」の「RAM PRACTICE – ポストドキュメンタリーをめぐって」にて、『風にのるはなし』『みずのきれいな湖に』が上映されます。
 
参加作家:
RAM2研修生:新井麻弓,  エルサムニ・ソフィー,  川上伸太郎,  木村奈緖,  小宮麻吏奈,  小山 渉
RAM2フェロー:青柳菜摘,  飯岡幸子,  玄 宇民,  佐藤朋子
ゲストアーティスト:荒木 悠,  伊阪 柊,  オル太,  黒田大祐,  佐藤未来,  潘 逸舟,  百瀬 文,  吉開菜央 (五十音順)
日時:
2019年2月16日[土] 13:00-21:00 (開場 12:30)
定員:
178名
参加方法:
予約不要/入場無料(途中入場可)
会場:
渋谷ユーロライブ/渋谷区円山町1‐5 KINOHAUS
問い合わせ:
|TEL|050-6870-1266 |MAIL| geidairam@gmail.com(geidaiRAM2事務局)
企画:
geidaiRAM2(東京藝術大学大学院映像研究科

Pocket

いよいよ3月10日まで!

ICC(初台)での触覚映画《Grand Bouquet / いま いちばん美しいあなたたちへ》の展示、いよいよ3月10日までです。こんな風に体験する映画もなかなかないかと思うので、ぜひ体験していただきたいです。思い返せば、2017年の暮れ頃からはじまったプロジェクトで、触覚映画をつくってみないかとお誘いを受け、そこからつくりたい欲望が暴走しすぎて、最初のほうは現実にあるお金と時間のモンスターにノックアウトされそうになりながらも、それでも今つくるべきだと賛同してくださったすばらしいスタッフの方々に恵まれて、全力で制作に挑むことができました。
触覚映画という果たしてどんなものが完成するのかよくわからないけれどやるしかない戦いのさなか、偶然発見したのが、「風音域」です。グループ展だったので、ひとつの作品が突出した大音量で上映するわけにもいかず、スピーカーを鑑賞者にぐんと近づけることで音量を確保しました。すると、スピーカーが鑑賞者の顔にとっても近いため、ある特定の音域が流れたときに、スピーカーから風が吹くことが判明したのです。すぐさま音響の北田雅也さんが、風音域を特定し、ここぞというシーンで吹かせてくれました。

触覚ベストが震えるのはもちろんのこと、もうひとつ、風(音の波)という触感も手に入れることができました。
よく思い返せば、色も、光も、音も、波です。映画を視聴する部屋全体を、あらゆる波が駆け抜けて、鑑賞者にぶわーっと、さわさわさわっと触りに行く、だからこそ「触覚映画」なのではないかと思っています。
映画の内容自体は、今回すべてを公開することが許されなかったので、共有し難いところですが、それこそ、抗い難い運命や、交渉の余地すらない圧力、権力、資本、数、未知の肉体、未知の自然、一寸先はなにが起こるかしれないこのオープンエンドに開かれている世界に対して、ひとりの女性が、まずはひとこと、言葉を花に変えて物申し、すべてを飲み込み、ただ受け入れるのとは違った行動を取るところから、この物語ははじまります。
波には身をまかせるべきだし、極力、怒らないで、抗わないで、生きるというのもひとつの処世術ではありますが、おかしいだろと思うことに、意思を表明し行動を起こすこと、エネルギー使うし、疲弊するだけだし、なにも変わらないかもしれないけど、やっていいんです!!(消耗して、早死にするタイプかもしれないけれど)それだけはすごく思います。
映画自体は、それこそ、そうした憤懣やらなにもかも出し切らせるある意味デトックス・ムービーでかつハッピーエンドでございますので、ぜひ一緒に散ってください。
そうした内容の作品であっても、実際には押さえつけられてしまう表現になってしまうのが現実の世ですが、だからこそ、そうした事実もふまえて観ると、ちょっと面白いかもしれません。事実は事実として踏みしめ埋めて養分にして、新しい星で大地のステップが踏み鳴らされるラストの触感を、全身で味わっていただけるかと思います!!!写真は、設営途中の写真より。
Pocket

映画『梨君たまこと牙のゆくえ』ひかりTVにて配信されています。

https://youtu.be/a890uWAXYfk

あらすじ
都会のマンションの一室に、引きこもって暮らす女あやの。ある日あやのは自室で、身に覚えのない梨を発見する。まるまるとした愛らしいその梨を、あやのは「たまこ」と名づけ溺愛するようになる。豊かな自然の溢れる土地で、梨をつくる女さとこ。ある日さとこは農園で、丹精込めて育てた梨がひとつ、盗まれていることにきづく。破れた梨ぶくろの傍には、血まみれのけものの牙が落ちていた。みずみずしい梨と、するどい牙をめぐって交差する、ふたりの女の秘密の世界。
出演
後藤ゆう
木村舞輝
笑い飯 哲夫
レイザーラモン RG
歩りえこ
加藤アプリ
ひかりTVにて配信中!!
製作 泉正隆/奥谷達夫
プロデューサー 坂本直彦/澤礼子
制作プロデューサー 駒木剛(4-3-3)
監督:吉開菜央
脚本:高橋知由/吉開菜央
撮影:Koh Terai
照明:加藤大輝
美術:加藤小雪 (TASKO inc.)
音楽:渡邊琢磨
録音:桐山裕行
衣装:池田清志/吉開菜央
ヘアメイク:水野真里/浜本誠也
オンライン編集:都大輔
題字・グラフィックデザイン:畑ユリエ
タイトルアニメーション:東方田圭伊
制作担当・助監督:阿部慧(4-3-3)
空撮・撮影助手:亜門龍
撮影助手:Rui
録音助手:寒川聖美
美術助手:小森あや(TASKO inc.)/加賀谷静
ヘアメイク助手:杉本瑞希
音楽協力:濱野睦美
編集協力:齋藤俊太
協力 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
あなたの街に住みますプロジェクト
エリアマネージャー 森田耕司
プロダクション協力 4-3-3
特別協力 ひかりTV
制作 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
後援 湯梨浜町
2018年地域発信映画「梨君たまこと牙のゆくえ」製作実行委員会

Pocket

制作したMV、Star Roverの「Plain Air」が公開されました。

https://youtu.be/UbH_ozBrUw8
Dancer  Kaho Kogure

Director  Nao Yoshigai

Camera  Natsuki Kuroda

Light  Daiki Kato

Support  Masaharu Suzuki

Special Thanks

Koichi Ito / Haruhisa Ueda  / jiji / Yurie Hata

このMVをつくる機会を与えてくれた小暮香帆とStar Roverに感謝します。

いろいろな経緯を経て完成までたどり着いたこの作品ですが、つくっていく過程で実はもうひとつの映像作品が生まれました。タイトルは”Across the water”です。

水のイメージはその映像作品からの抜粋ですが、「水」は「空気」にもなりえるし、その逆もありえる、変化していく間にたどるひとつの表れ方であり、その様も非常に流動的です。「音楽」「ダンス」「身体」も、互いに強い影響を受けながら、常に変化し続ける時間を味わうことで生まれてくる感覚があるように思います。

制作に関わってくださった全ての方に、感謝です。ありがとうございます。

Pocket

『風にのるはなし』が MôTif Film FestivalでBest Experimental Filmに選ばれました!

MôTif Film Festivalはアラスカ、フェアバンクスで行われている映画祭で、今年が1回目のスタートの年だったようです。その記念すべき年に、賞をいただけて光栄です。2017年に撮った新作は3本ありますが、それぞれいろいろなところで、上映される機会に恵まれました。(アイルランド、ニューヨーク、ラスベガス、アラスカ、寒そうなところが多い!)上映されるだけではなくて、さらに評価をいただけるというのは、やっぱりとてもうれしい。一緒に尽力してくれたすべての方に感謝!多謝!これからも、攻めの姿勢で、突き詰めたい部分に、恐れず、するどく食い込んでいけたらなと思います。そしてそんな世界の端っこからつくった作品をやっぱりいろんな人と分かち合う、機会ができることにもとても感謝しています。(最近はいろんなひとと、いろんな場所で、作品を通してコミュニケーションする機会が本当にふえました)

https://www.motiffy.com/fullscreen-page/comp-jla3vn03/03000ef7-c5f9-4464-b8ba-a9cb30bd1a4e/0/%3Fi%3D0%26p%3Dp3gr2%26s%3Dstyle-jla3vn26?fbclid=IwAR1Pmf_6Zw76GP5Dt7GeoZdPdctlbSkoT-x5iC4mfhEN3BnIhMsPjyN93uA

Pocket

新作映画『梨君たまこと牙のゆくえ』が京都国際映画祭で10月14日に上映されます。

なんだかんだ京都に縁があるなあと思うこのごろですが。今月14日に京都で新作の上映があります。
思い返してみれば、ちょうど、自分はどうして「食べものをつくる人」ではなくて「映像をつくる人」になっているのだろう。
と、いわゆる自分自身の「生産性」について疑問に思っていたころに、この企画が動き出しました。
農業をテーマに、わたしなりに咀嚼してみた作品です。
どんな形であっても、だれかがしたこと、つくったものが、めぐりめぐってだれかのもとへ届き、影響を及ぼすというのは
それが生産的かどうかにかかわらず、生き物っぽい、地球で起きているかんじがするなーとしみじみ思います。
(バタフライ効果みたいなやつでしょうか)
映画の編集も、まったく無関係だと思っていた動画素材が、タイムラインに並べてみたときに予想もしない繋がり方でひとつになってしまうことがあります。わたしにとってはただただそれが面白く、撮影前の準備段階で制作者の頭の中にしかなかったものからひとつ飛び出て、とある世界が出来てきましたね。という気持ちになります。
それが、いわゆる人間の裁量ではかれるような良い世界なのか悪い世界なのか、梨君たまこと牙はいったいどこへいくのか・・・
京都で上映されることは決まっているので、お近くのみなさまには、ぜひ見届けていただけたらと思います。

http://kiff.kyoto.jp/film/detail/142
出演:後藤ゆう、木村舞輝、中西哲夫(笑い飯)、レイザーラモンRG、歩りえこ、加藤アプリ
製作:泉正隆、奥谷達夫
プロデューサー:坂本直彦、澤礼子
制作プロデューサー:駒木剛
脚本:高橋知由、吉開菜央
撮影:Koh Terai
照明:加藤大輝
美術:加藤小雪
音楽:渡邊琢磨
録音:桐山裕行
衣装:池田清志、吉開菜央
ヘアメイク:水野真里、浜本誠也
オンライン編集:都大輔
題字・グラフィックデザイン:畑ユリエ
タイトルアニメーション:東方田圭伊
制作担当:阿部慧
空撮・撮影助手:亜門龍
撮影助手:関類
録音助手:寒川聖美
美術助手:小森あや、加賀谷静
ヘアメイク助手:杉本端希
音楽協力:濱野睦美
編集協力:齋藤俊太
協力:よしもとクリエイティブ・エージェンシー
あなたの街に住みますプロジェクト
エリアマネージャー 森田耕司
プロダクション協力:4-3-3
特別協力:ひかりTV
後援:湯梨浜町
Pocket

めがねと旅する美術展に『ほったまるびより』を出品させていただいています。

http://torimega.com/megane/
会期・会場はこちら!よろしくお願いします!!

青森県立美術館  平成30年7月20日(金)~9月2日(日)

島根県立石見美術館   平成30915日(土)~1112日(日)

静岡県立美術館   平成301123日(金・祝)~31127日(日)

Pocket